男性女性

薄毛治療で髪の毛を取り戻す|頭皮トラブルを解決

慎重な医療機関選びを

悩む男の人

施術の方法

アメリカでは、既に自毛植毛がスタンダードとなっていますが、日本でも、植毛の方法は、自毛植毛が主流となりつつあります。自毛植毛とは、比較的髪の毛の多い部分から、少ない部分に、毛根を含んだ毛包ごとを移植してしまう方法です。男女問わない方法であること、副作用がないこと、手っ取り早く薄毛対策が行えることから、近年人気が高まっています。一方で、本格的に治療をする場合には、100万円程度の料金がかかる可能性があること、医師の技術が低いと頭皮に大きなダメージを与える失敗も起こりうることがデメリットとして挙げられます。もし、自毛植毛で薄毛を克服することを決めたのでしたら、失敗されることが無いよう、医療機関をしっかり選ばなければなりません。自宅から近いからなどの理由で、安直に選択することは絶対に避けましょう。

どんな事例があるのか

自毛植毛は、ロボットで行う方法と医師の手作業による方法に大別されます。また、医師による場合、メスで頭皮を切断するタイプ、パンチのようなもので毛包ごと取り出す方法があります。ロボットの場合には、比較的失敗が少なく、短時間で終了し、安定した成果が得られます。一方で医師による場合には、メスで切断する場合には線状の傷が残る場合が、パンチの場合には、つぶ状の炎症が残る可能性があります。また、移植した髪が定着せず、短期間で抜けてしまうケースも失敗例の1つです。一流の医師が治療を行えば、ロボットを上回る成果も期待できる反面、技術や経験に乏しい医師が担当した場合はこうした失敗例が増える傾向があります。したがって、医療機関の実績、医師の技術力や経験、手術の方法については、事前にしっかり把握しておきましょう。近年、自毛植毛を行う医療機関が増え、都市部では、選択肢も増えてきました。ホームページや口コミサイトのチェック以外にも、複数の医療機関の無料相談を活用して、比較をすることも大切なことです。